Mariah CareyがJay-Zを迎えたシングル『Heartbreaker』で14曲目の全米1位を獲得

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ヒップホップ数珠繋ぎは編集長で元DJの銀河がおすすめの音楽を気まぐれで紹介するコーナーです。「温故知新」をキーワードにサンプリングの元ネタ、ヒップホップの歴史や文化を発信していきます。

今回はMariah Careyのシングル『Heartbreaker』です。関連楽曲なんかも合わせて紹介しているので、お気に入りの楽曲、元ネタやサンプリングの経緯、ヒップホップの歴史や文化に少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

目次

Heartbreaker / Mariah Carey feat. Jay-Z

楽曲詳細

タイトルHeartbreaker
アーティストMariah Carey feat. Jay-Z
プロデューサーDJ Clue / Ken “Duro” Ifill / Mariah Carey
収録アルバムRainbow
リリース1999

レビューと解説

7thアルバム『Rainbow』からの1stカット曲でマライア14曲目の全米No. 1シングルです。Stacy Lattisaw(ステイシー・ラティソー)の『Attack of the Name Game』をサンプリングし、Jay-Z(ジェイ・ジー)をゲストに迎えた『Fantasy』っぽい曲調のマライアらしいポップでキャッチーな1曲です。

MVでは珍しくダンスを披露するマライアも見られますよ。また、オリジナルとは打って変わってSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)の『Ain’t No Fun』をモロ使いしたリミックスも必聴です。

関連作品紹介

Hearbreakerが収録されているアルバム

Rainbow / Mariah Carey

Mariah Carey(マライア・キャリー)の7thアルバム。

  • 1990年のデビューからちょうど10年
  • 29歳のリリースでマライア自身の20代最後
  • 1999年のリリースで90年代最後
  • そしてデビューから在籍していたソニー・ミュージック最後

と、色々と節目を感じさせる作品です。前作『Butterfly』からヒップホップ・R&B色が強くなりましたが、今作もその流れ。

また、見た目も「正統派」っぽいイメージだったけど、さらに露出が増してきてる感じですね。ちなみにマライア本人は“ハッピー & カラフル”な感じでこのジャケットが1番お気に入りなんだとか。

肝心の内容はJay-Z(ジェイ・Z)を迎えたシングル『Hartbreaker』や、なんとSnoop Doggのデビューアルバム『Doggy Style』に収録されていたウェスト・コースト・クラシックの『Ain’t No Fun feat. Nate Dogg, Kurupt & Warren G』をモロに使った超Gファンクなそのリミックス

さらにそのスヌープを客演に迎えた『Crybaby』や、Master P(マスター・P)とMystikal(ミスティカル)を迎えたダーティ・サウスな『Did I Do That ?』などかなりヒップホップ色が強くなっています。意外にも今作で初顔合わせとなるプロデューサーJam & Lewis(ジャム & ルイス)とは

の4曲で高相性を見せつけています。全米アルバムチャートは2位止まりでしたが、結構な粒ぞろいの好内容ですよ。

トラックリスト
  1. Heartbreaker
  2. Can’t Take That Away (Mariah’s Theme)
  3. Bliss
  4. How Much
  5. After Tonight
  6. X-Girlfriend
  7. Heartbreaker (Remix) feat. Da Brat & Missy Elliot
  8. Vulnerability (Interlude)
  9. Against All Odds (Take A Look At Me Now)
  10. Crybaby
  11. Did I Do That?
  12. Petals
  13. Rainbow (Interlude)
  14. Thank God I Found You feat. 98 Degrees & Joe

サンプリングした曲・元ネタ

Attack Of The Name Game / Stacy Lattisaw

80年代という時代に、見事な子供ラップでキャッチーに聴かせるのは当時16歳のティーンエイジャーシンガー。

リミックス

Heartbreaker (Remix) / Mariah Carey feat. Da Brat & Missy Elliott

オリジナルとはガラリと変わって、なんとウェッサイクラシックSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)のクラシック『Ain’t No Fun』をモロ使いしたG-Funkナンバーとなっております。ゲストのDa Brat(ダ・ブラット)、Missy Eliott(ミッシー・エリオット)も原曲のフレーズも所々で引用し援護射撃、MVには本家からスヌープ本人も参加しています。

初っ端と中盤から飛ばしまくるダ・ブラットは非常にクールですが、ミッシーは昔からどうも苦手……w

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野口 銀河 野口 銀河 代表取締役

PC11株式会社代表取締役。静岡県三島市在住。沼津市でステーキハウス&レストラン「鉄板焼葉山」を経営し、そのノウハウを活かして飲食店専門のWEB集客支援サービスを展開。さらにその傍らで地元ポータルサイト「伊豆駿東まっぷ」や音楽ポータルサイト「KICROSS」などのブログを運営。個人では「ダンディなライフスタイル」をテーマにブログやYouTubeでも情報を発信している。

目次
閉じる