【Deep Cover / Dr. Dre & Snoop Dogg】初期タッグにして傑作!サンプリングネタ関連まとめ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

いくつもの特大ヒットを生み出してきたDr. DreとSnoop Doggの最強タッグ。今では伝説的なこの2人が初めて組んだ楽曲にして、ヒップホップ史上に名を残すクラシック中のクラシックである『 Deep Cover 』のご紹介です。

目次

Deep Cover / Dr. Dre & Snoop Doggy Dogg

Deep Coverの詳細データ

タイトルDeep Cover
アーティストDr. Dre & Snooop Dogg
プロデューサーDr. Dre
収録アルバムDeep Cover O.S.T.
リリース1991

レビューと解説

今なおヒップホップ界の頂点に君臨する大御所の2人によるWest Coast……いやヒップホップを語る上で絶対に外せない名曲。2人とも若いですねーw

タイトルでもわかるように映画『 Deep Cover 』のサントラにも収録されました。

Laurence Fishburne(ローレンス・フィッシュバーン)主演の麻薬捜査が舞台の映画です。てかこのLaurence Fishburneてドラマ『 C.S.I. 』のラングストン教授か!!

C.S.I.好きでずっと見てるけど全く気付きませんでしたわw ちょっと脱線しましたが、このDeep CoverはN.W.A.脱退後のDr. Dreの初のソロシングルです。

元々は1stソロアルバムにしてヒップホップの歴史を変えた傑作アルバム『 The Chronics 』に収録される予定でしたが、有名すぎるパンチライン「 187 on a undercover cop 」が過激すぎて収録を却下されたとか。今ではお馴染みのこの「 187 」というスラング、カリフォルニア州の刑法187条 = 殺人罪から由来しています。

まぁつまりは「覆面警官ぶっ〇す」と言ってるわけですね。

リリックも映画の内容に基づいていてDreは覆面警官としてマフィアに近づく内容を、Snoopは逆に警察からチンコロしないかと交渉されるドラッグディーラーとしての場面をラップしています。20年以上も前の楽曲ですが、色あせることなく今聴いてもめちゃめちゃかっこいいですね。

2012年のCoachella Valley Music and Arts Festival(コーチュラ・フェスティバル)の出演時に20周年ということでライブ披露してました。

Dr. Dre & Snoop Dogg

もはや説明不要のこの2人。ヒップホップに「 G-Funk 」なる新たなジャンルを確立し、

  • Still D.R.E.
  • What’s My Name
  • The Next Episode
  • Let Me Ride
  • ……etc

と挙げ出せばきりのないほど多くのクラシックを生み出してきたシーンの超重要人物。ヒップホップを知りたければDr. Dreの経歴をたどるだけでも結構な流れが見えますので、もっと色々知りたい人は調べてみてください。

関連作品紹介

Deep Coverが収録されているアルバム

Deep Cover Original Sound Track / V.A.

トラックリスト
  1. Deep Cover / Dr. Dre & Snoop Doggy Dogg
  2. Love or Lust / Jewell
  3. Down With My Nigga / Paradise
  4. The Sex Is On / Po, Broke & Lonely
  5. The Way (Is In The House) / Calloway
  6. The Minute You Fall In Love / Third Avenue
  7. John and Betty’s Theme / Michel Colombier
  8. Mr. Loverman / Shabba Ranks
  9. I See Ya Jay / Ragtime
  10. Nickel Slick Nigga / Kokane
  11. Typical Relationship / Times 3
  12. Digits / The Deele
  13. The Sound of One Hand Clapping / Calloway
  14. Why You Frontin’ On Me / Emmage

Deep Coverにサンプリングした曲・元ネタ

Sing a Simple Song / Sly & The Family Stone

ヒップホップ界では定番のこの曲の2:09〜以降のドラムブレイクをサンプリングしていますね。

Deep Coverをサンプリングした曲

Twinz (Deep Cover ’98) / Big Pun feat. Fat Joe

何と言ってもまずはこの曲でしょう!ど頭から飛ばしまくるBig Punが特に圧巻です。

本家からSnoop DoggもMVに参加しています。

【Twinz / Big Pun & Fat Joe】巨漢タッグによるDre & Snoopのあのクラシック曲カバー

Deep Cover / Nitty Scott M.C.

注目の若手フィメールラッパーNitty Scott M.C.のヤバいやつ。Big Punのフロウ引用もいいね。

Kaancepts / K.A.A.N

どこのどなたかわかりませんがK.A.A.Nなる超ハイスキルなラッパーのこちら。しかし凄いラップだなーとも思いますが、これ編集で繋いでてブレスがないよね……聴いてて息が詰まりますわw

Holding You Down / Jazmine Sullivan feat. Mary J. Blige & Swizz Beatz

Jazmine SullivanとMary J. Bligeのパートで完全に展開の分かれるこの曲。前半のMary J. Bligeのパートでベースラインが使われていますね。

Dope / Tyga feat. Rick Ross

近年はこれが有名かな?ベースラインを引用しながらも完全にNew Westサウンドに生まれ変わっております。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野口 銀河 野口 銀河 代表取締役

PC11株式会社代表取締役。静岡県三島市在住。沼津市でステーキハウス&レストラン「鉄板焼葉山」を経営し、そのノウハウを活かして飲食店専門のWEB集客支援サービスを展開。さらにその傍らで地元ポータルサイト「伊豆駿東まっぷ」や音楽ポータルサイト「KICROSS」などのブログを運営。個人では「ダンディなライフスタイル」をテーマにブログやYouTubeでも情報を発信している。

目次
閉じる