Sing a Simple Song|Sly & The Family Stone

URLをコピーする
URLをコピーしました!
タイトルSing a Simple Song
アーティストSly & The Family Stone
プロデューサーSly Stone
収録アルバムStand!
リリース1968
目次

レビューと解説

Sly and the Family Stoneスライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーンは60年代から70年代にかけてアメリカのサンフランシスコを拠点として活動したファンクロックバンドです。リーダーのSly Stoneは「 Rolling Stone紙の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー(100 Greatest Singers)」において78位にランクインしています。

本曲『 Sing a Simple Song 』は彼らの4作目で大ヒットしたアルバム『 Stand!』からの1曲。ギターもブラスもベースも実にファンキーでめちゃめちゃかっこいいです。

その上を半ば叫びのようなボーカルが駆け巡るこの曲は時代を代表するファンクの名曲でしょう。原曲の人気もさることながら、ヒップホップ界では定番のブレイクとしてドラムパートが多くサンプリングされ、それがまたいくつもの名曲としてヒップホップ史に残っています。

Sing a Simple Songが収録されているアルバム

Stand! / Sly and the Family Stone

アーティスト:Sly & Family Stone
¥1,688 (2021/10/15 19:09時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
  1. Stand!
  2. Don’t Call Me Nigger, Whitey
  3. I Want To Take You Higher
  4. Somebody’s Watching You
  5. Sing a Simple Song
  6. Everyday People
  7. Sex Machine
  8. You Can Make It If You Try

Sing a Simle Songをサンプリングした曲

Deep Cover / Dr. Dre & Snoop Dogg

タイトルでもわかるように映画『 Deep Cover 』のサントラにも収録されました。リリックも映画の内容に基づいていてDreは覆面警官としてマフィアに近づく内容を、Snoopは逆に警察からチンコロしないかと交渉されるドラッグディーラーとしての場面をラップしています。20年以上も前の楽曲ですが、色あせることなく今聴いてもめちゃめちゃかっこいいですね。

タイトルDeep Cover
アーティストDr. Dre & Snoop Dogg

Mama Said Knock You Out / LL Cool J

これまた定番ブレイクであるJames BrownのFunky Drummerとの合わせ技ビートが入った瞬間からぶっ飛ばされます。ヒップホップ史に残る永遠の名曲であるLL Cool Jのこいつ。

タイトルMama Said Knock You Out
アーティストLL Cool J

Fight the Power / Public Enemy

僕もこのPVに影響されてでっかい時計ぶら下げた時期がありましたw 歴史的名曲が多すぎてどの曲を紹介するか悩んできますが、その中でも絶対に外せないPublic Enemyのこれ。

ちなみにこれも上のLL Cool Jと同じくFunky Drummer使いですね。

タイトルFight the Power
アーティストPublic Enemy

Ain’t 2 Proud 2 Beg / TLC

個人的にもTLCの中でトップ5に入るくらい好きなTLCのデビュー曲。アッパーでハードなビートを軽快に乗りこなすラップもコーラスも最高ですね。

タイトルAin’t 2 Proud 2 Beg
アーティストTLC

Sound of Da Police / KRS-One

今聴いても本当にかっこいいです。“ティーチャー”ことKRS-Oneのヘビー級クラシック楽曲。

タイトルSound of Da Police
アーティストKRS-One

The Humpty Dance / Digital Underground

鼻デカおじさん続きで最後はこちら。激ファンキーなビートも楽しそうなPVも素晴らしい。

タイトルThe Humpty Dance
アーティストDigital Underground

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野口 銀河のアバター 野口 銀河 代表取締役

2004年から2014年くらいまでDJやってました。現場は離れましたが今でもラップや歌、ダンス、DJ、クラブ経営などHip Hopなライフを送る人を本気で応援しています。クラバーの地元愛を僕は知ってる。ヒップホップサンプリングの元ネタや歴史などをブログに書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる