Big Poppa|The Notorious B.I.G.

URLをコピーする
URLをコピーしました!
タイトルBig Poppa
アーティストThe Notorious B.I.G.
プロデューサーChucky Thompson, Puff Daddy
収録アルバムReady to Die
リリース1994
目次

Big Poppaのレビューと解説

「東のビギー、西の2pac」と言われたほど当時の東海岸ヒップホップの代表的存在だった「ビギー」ことThe Notorious B.I.G.。ビギーの愛称は彼がBiggie Smallsと名乗ることもあったからです。

残念ながら2pacとともに東西抗争の犠牲となり、24歳という若さでこの世を去ってしまいましたが、残した名曲の数々は今なおシーンに愛されています。このBig Poppaはそんなビギーの記念すべき1stアルバム『Ready to DIe』からの2ndシングルとしてカットされました。

ビギーの代表曲の1つで、1996年の第38回グラミー賞で、最優秀ソロラップパフォーマンスを獲得しています。大ネタIsley BrothersのBetween the Sheets使いの最高傑作で、メロウでおしゃれなトラックもビギーのラップも最高ですね。

Big Poppaが収録されているアルバム

Ready to Die / The Notorious B.I.G.

タイトルReady to Die
アーティストThe Notorious B.I.G.
レーベルBad Boy
リリース1994
ワーナーミュージックジャパン
¥1,339 (2021/09/17 20:42時点 | Amazon調べ)
トラックリスト
  1. Intro
  2. Christopher WallaceSean Combs
  3. Things Done Changed
  4. Gimme the Loot
  5. Machine Gun Funk
  6. Warning
  7. Ready to Die
  8. One More Chance おすすめ
  9. Fuck Me (Interlude)
  10. The What feat. Method Man
  11. Juicy おすすめ
  12. Everyday Struggle
  13. Me & My Bitch
  14. Big Poppa おすすめ
  15. Respect
  16. Friend of Mine
  17. Unbelievable おすすめ
  18. Suicidal Thoughts

Big Poppaにサンプリングした曲・元ネタ

Between the Sheets / The Isley Brothers

タイトルBetween the Sheets
アーティストThe Isley Brothers

説明不要の大ネタであるBetween the Sheetsをまんまモロ使い。

Dolly My Baby (Hip Hop Remix) / Super Cat feat. Puff Daddy & The Notorious B.I.G.

タイトルDolly My Baby (Hip Hop Remix)
アーティストSuper Cat feat. Puff Daddy & The Notorious B.I.G.

Big Poppaのフックのスクラッチ部分である「I Love When You Call me “Big Popa”」はこの曲からですね。

Big Poppaをサンプリングした曲

Forever Mackin’ / The Isley Brothers

タイトルForever Mackin’
アーティストThe Isley Brothers

Big Poppaの元ネタであるIsley Brothersが今度はサンプリング。0:19 〜で遅回しされているのはビギーのラップですね。

Lean Back / Terror Squad

タイトルLean Back
アーティストTerror Squad

3:07 〜でBig Poppaの3:08 〜のパンチラインを引用していますね。着用しているTシャツもビギーがプリントされています。

Let’s Talk / Omarion feat. Rick Ross

タイトルLet’s Talk
アーティストOmarion feat. Rick Ross

フックのスクラッチでビギーのボーカルを使用。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野口 銀河のアバター 野口 銀河 代表取締役

2004年から2014年くらいまでDJやってました。現場は離れましたが今でもラップや歌、ダンス、DJ、クラブ経営などHip Hopなライフを送る人を本気で応援しています。クラバーの地元愛を僕は知ってる。ヒップホップサンプリングの元ネタや歴史などをブログに書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる